So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ

筋肉量が測れる体組成計 [スポーツ]

最近は体脂肪率が測れる体重計なんて常識、内臓脂肪も普通となってきた。
1日中机に座っていてあまり動くこともない仕事のため、
1年程前から、年齢とともに体にまとわりついてきた脂肪が気になり始めた。
そこで、体脂肪・内臓脂肪が測れる体重計を手に入れて日々チェックして
体脂肪を減らそうと思い立った。
どれを買おうかといろいろと調べていたところ、体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル、
基礎代謝量、推定骨量、体水分量まで測れる体組成計を見つけた。
体組成計は、左腕、右腕、左足、右足、全身と部位別に体脂肪率と筋肉量も簡単に測れる
部位別測定インナースキャンだ。
測り方は左右にあるグリップを手に持ち、手を下げた状態で普通に立つ、
腕を正面に垂直に上げたりしなくてもよいのが楽だ。
身長・年齢・性別を最初に登録してから測定する。あとはグリップを握って立ち十秒ほど
待つだけだ。電極から体に微弱な電流を流して測定しているとの事。
測定された数値は直後に表示可能だが、自動記録される。
後から呼び出すことも可能だ、また日ごと、週ごと、月ごとに各部位ごとにグラフ表示
もしてくれるので、体の変化が目で確認できるのがうれしい。
日グラフで、31日分。週グラフで52週分。月グラフで36ヶ月分。個人データを4人分メモリー可能。
体脂肪率と体脂肪率判定(やせ・-標準・+標準・軽肥満・肥満)の5段階。
内臓脂肪レベル判定、標準(9以下)・やや過剰(10~14)・過剰(15以上)の3段階。
基礎代謝量と判定(燃えにくい・標準・燃えやすい)の3段階。
筋肉量(Kg)と体型判定(かくれ肥満・肥満・かた太り・運動不足・標準・筋肉質・やせ・
細身筋肉質・筋肉質)の9段階。
部位別体脂肪率と判定(高い・平均的・低い)の3段階。
登録時に、標準とアスリートを選択できるのがこの体組成計の特徴だ。
アスリートの基準は、一週間に12時間以上のトレーニングを行っている方。
体育会やスポーツクラブに所属して競技会などを目指している方。
プロスポーツ選手。ボディービルダーのように、筋肉量が多くなるようなトレーニングをしている方。
と説明されている。まさしくトレーニングで鍛えている人は成果が判定によりわかってしまう。
それも左右、上半身・下半身の筋肉量のバランスまでわかる。これはいいですよ!。
これに毎日とは言わないまでも、よく測るようになってから、特に決めて運動はしてません
(前よりは意識している)が、しだいに体脂肪率が下がってきました。
また体重も1年で4Kgダウンしました。これで測って、気にしていることでかなり差がでました。
この体組成計は、タニタ 体組成計部位測定インナースキャンBC600です。
定価31500円。発売開始が2004年4月のため、今ならかなり安く買えますよ。
気に入りました。

TANITA 体組成計 部位測定インナースキャン ホワイト BC-600-WH

TANITA 体組成計 部位測定インナースキャン ホワイト BC-600-WH

  • 出版社/メーカー: タニタ
  • メディア: ホーム&キッチン


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。