So-net無料ブログ作成
検索選択

Kindle アマゾン 日本販売開始 paperwhite kindle本 [電子書籍]


Kindle Paperwhite

電子書籍リーダー Kindle がいよいよ日本で販売開始となりました。
11月19日より、Kindle PaperWhite(7,980円) と、Kindle PaperWhite 3G(12,800円)
12月19日より、Kindle Fire(12,800円)と、Kindle Fire HD(15,800円)

今予約しても、Kindle PaperWhite 3G は、13/1/5入荷となるとの事。
Wi-Fi のみのKindle PaperWhite においては、7,980円と価格が安いこともあり
予約から5~7週間以内に入荷となるとの事。
つい最近まで、13/1/中旬と Amazon Kindle Store に表示されていたのに、かなり人気があるようです。

米国で発売されたKindle3(ハードウェアキーボード付)は、2010/10の記事に書きましたが、すでに使用しています。
それから既に2年が経過し、ようやく日本販売開始となりました。

Kindle3でも十分見やすく操作性も良いので、個人的には、Kindle PaperWhiteのタッチパネルである必要はありません。
一番の問題は、Amazon.com(米国)では日本語Kindle本が売られていない事です。

紙の書籍より手軽に・早く・安く手に入る、日本語Kindle本が販売される日が来ることを長らく待ち望んでいました。

しかし、Amazon.com(米国)の販売価格ほどAmazon.co.jp(日本)のKindle本は紙書籍より割引されていない、書籍数も少ないので、少しがっかりしました。 今後に期待しています。

今注文しても、Kindle PaperWhite 3G は、13/1/5にならないと手に入らないため、「Kindle for IOS」の無料アプリを、iPad にインストールして、日本語Kindle本をAmazon.co.jpより購入して表示してみました。

写真.PNG
Kindle for IOSのホーム画面

写真 (1).PNG
オプションメニュー画面 本は「マーフィー成功者の50のルール」

オプションメニューにより、文字サイズ・背景色・表示領域の変更が可能です。

写真 (2).PNG
上記より、文字サイズを大きく・背景を白からセピアに変更した状態です。

家で読むのであれば、iPadでも十分かもしれません。
携帯するのであれば、やはり軽量で持ちやすいサイズで、電池残量を気にせず読めるKindleがほしくなります。
現状では、Amazon.co.jpで購入したKindle本を、Kindle3(米国版)では読めないようです。
何とか方法がないか調べています。



Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite

  • 出版社/メーカー: Amazon.co.jp
  • メディア: エレクトロニクス





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。