So-net無料ブログ作成

自転車 スポーク テンションメーター パークツール TM-1 Parktool [自転車]

sシマノR560測定1.jpg
Parktool(パークツール)社 スポークテンションメーター(自転車スポークの張力測定工具) 「TM-1」です。

自転車ホイールは、ハブ(中心回転部)とリム(外径部)とをスポークによりつないで、適切なテンション(張力)により剛性と乗り心地が決まる。

通常は、自転車購入時に適切に設定されたスポークテンションの状態で乗り始めるが、乗るにつれてスポークごとの張力のバランスがくずれてくる(スポークを止めているリム側のニップルが回転する、スポークが伸びる事による)。

張力が弱いスポークがあると、ホイールが回転した時に、リムが左右に波うつように回転し、バランスが悪くなり、回転ロスが発生します。

前輪のスポークの中で張りの弱いスポークがあったとしても、どの程度まで張りを強くすればよいかは、自転車に詳しい人でないと判断できません。
また、スポークテンションを調整して、最大強度を発揮する回転ロスの少ないホイールにしたいなら、有能なホイールを組める人に依頼するしかありません。

しかし、そこまでの性能は求めなくてもよい場合で、スポークの内の1本が他のスポークに比べて張りが弱い、または強い場合に、自分で調整したい時に、このスポークテンションメーターが役に立つのではないかと思い手に入れました。

”ParkTool社とは、1963年から50年近く自転車専用工具を作り続けている、アメリカ合衆国ミネソタ州東部に位置するセントポールにある老舗ブランド。
世界中のプロに認められ、使われ続ける高品質な工具。
長年にわたって培われてきたノウハウが盛り込まれた工具は、使いやすく、耐久性も高い超一流の製品です。 ”
との事。

sTM-1_表.jpg
sTM-1_裏.jpg
このスポークテンションメーターは、スポークをはさむ部分、手で握る部分、メーターとなるバネ部分の3つからなるシンプルな作りです。

スポークテンション換算表とスポークの太さを測るスポークゲージが付属しています。
s張力換算表.jpg
sスポークゲージ.jpg

使用方法は、TM-1の黒い部分を手で握りながら、3本ピンの間にスポークをはさんでから、手をはなすだけです。
そのときの、針先の数値を読み取り、張力換算表からスポークテンションがわかります。
sシマノR560測定_裏.jpg
sシマノR560測定2.jpg<

使い方は簡単なので、試しながら使ってみようと思います。

スポークテンションメーター TM-1 の使い方、信頼性については、下記ブログで詳しく紹介されています。
参考になりました。
http://blog.goo.ne.jp/kino55crazy55/e/c1a1a6370ee897571ab45f641d903ff6


↓Amazon 6,259円(52%off) 2012/1/30

PARKTOOL(パークツール) スポークテンションメーター TM-1 YD-1521

PARKTOOL(パークツール) スポークテンションメーター TM-1 YD-1521

  • 出版社/メーカー: PARKTOOL(パークツール)
  • メディア: スポーツ用品



↓楽天




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。