So-net無料ブログ作成
検索選択

ロードバイク ローラー台 サイクルトレーナー レモンレボリューション LemonRevolution [自転車]

sRevo箱表.jpg
Lemond Revolution Trainer(レモン レボリューション トレーナー
梱包箱の上面です。
写真には、カセットスプロケットが取り付けられていますが、付属していません。

sRevo箱裏.jpg
梱包箱の下面です。
2010年から、Pro TourチームのTeam Garmin-Transtionsで、Official bike trainer として採用されています。

Lemond Revolution Trainer とは、ローラー台やサイクルトレーナーと言われています。
自転車のリアホイールを取り外してセットする、駆動系に直結するローラー台です。

メーカー広告には、以下のように書かれています。
”ホイールとタイヤの消耗(摩耗)を無くし、タイヤとローラーとの間の滑りやすさを排除する事ができます。これにより、走行感に優れ実際の走行時に感じられる累進的な抵抗(路面抵抗+空気抵抗)、及び慣性の再現を可能としました。”

製品仕様:
 ・全長 51cm
 ・全高 46cm
 ・全幅 61cm
 ・重量 14.5kg
 ・最大許容量(自転車含む) 113kg
 ・対応カセット シマノ・スラム用(スプロケットは付属しない)
 ・オプション カンパ対応フリーボディー

sRevo組立.jpg
組立は、駆動部(フライホイール)と脚が分割されて梱包されているため、3本のボルトで固定します。

sRevo組立裏.jpg
脚の裏側からボルトを締めます。

07sRevo正面.jpg
脚取り付け完了です。 14.5kgはかなり重い。

08sRevo背面.jpg

06sRevoクイックレバー.jpg
クイックレバーは付属しています。

09sRevo側面ファン側.jpg
実際と同様の風の抵抗の再現を可能との事。 

12sRevoフライホイール.jpg
大きく重量のあるフライホイール。

10sRevo側面2.jpg
カーボン素材模様の安定感のある脚。(カーボンではない)
11sRevo脚.jpg

13sRevoスプロケ取付.jpg
次に、カセットスプロケットを取り付けます。

14sRevoスプロケ取付後側面.jpg
取り付け完了です。

15sRevo背面右.jpg
背面から右側

16sRevo背面左.jpg
背面から左側

17sRevoセット背面.jpg
ロードバイクのリアホイールを取り外して、Lemond Revolution Trainer にセットしました。
取り付けは、ホイールをセットする感覚と同じです。

18sRevoセットフライホイール.jpg

19sRevoセットクランク側.jpg
クランク側から

特長
 ・大きく重量のあるフライホイール
 ・実際と同様な風の抵抗の再現を可能
 ・ロードバイクだけでなく、マウンテンバイクやクロスバイクにも使用可能
 ・リアホイールを取り外してセットするだけ
 ・前輪をブロックなどで持ち上げる必要がなく安定している
 ・リアタイヤのスリップや摩耗が無い
 ・振動が無い

欠点は特に記載されていませんが、ペダルを漕ぎフライホイールが回ると、左側に付いているファンが回転します。 低負荷、低回転の時は、それほどでもありませんが、高負荷、高回転になると、この回転音がかなり大きい。家庭用扇風機の強風レベル...よりも大きい。
掃除機の音程度でしょうか。

この音さえ気にならなければ(本人は気になりませんが、近くにいる人が気になるかも)、
・ペダルの回転抵抗が、走行時とほとんど変わらなく自然。
・速く回転させようとすればするほど、徐々に負荷がかかり、これも自然。
・回転を速くしても、負荷がかかった状態でも、前輪,後輪(レモンレボリューション)とも安定感がある。

・ダンシング(ロードバイクは、左右に揺らせませんが)の練習もできる。
・路面走行時よりも、短時間で筋肉疲労があるため、効果が期待できる。
・負荷をかけてペダルを回転させる事により、 上り坂を登っている状態と同じような心拍数の上昇を示した。

など、良い点ばかりです。

価格は高く感じられましたが、それ以上に満足しています。
固定式では最高のローラー台ではないかと思います。

自分は試乗せずに購入しましたが、興味があればぜひ試乗して、自然な踏み心地?を体感してみることをお薦めします。

天気が悪く走れない日が多くなる、そんな時こそレモンレボリューションがあれば、
いつでも室内で走行時と変わらない感覚でトレーニングできます。
気持ち良く汗がかけます。

負荷をかけたければ、ギアを重くすれば、これも走行時に近い感覚でトレーニングできます。
心拍計を付けて行えば、体への負荷状態を確認しながら行えるので、さらに効果が期待できます。
雨・雪の日にも走りたくなったら、いつでもOKです。
だから、このレモンレボリューションに満足しています。


ファンの音がかなり大きいと言っても、聞いてみないとわからないと思います。
参考に、デジカメの動画撮影機能を使って録音してみました。


低負荷(低回転から高回転)から高負荷をかけてペダリングしています。

家にあった掃除機(Toshiba VC-T6E)の音を録音してみました。

弱→中→強→弱 の順に切り換えています。
同じ1m離れた場所から撮影(録音)しています。


↓Amazon \56858円(2012/12/09)

レモンフィットネス レモン・レボリューション ローラー台

レモンフィットネス レモン・レボリューション ローラー台

  • 出版社/メーカー: レモンフィットネス
  • メディア: その他



↓楽天 \54500円(2012/12/09)




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。